• トップ /
  • 妊娠中は安定期でも慎重に!

妊娠安定期にも体を気遣おう!

妊娠初期の不安な時期を乗り越え、「安定期」と言われる時期に入ると、ホッと一安心しますよね。安定期に入れば、流産の確率は大幅に減ります。また、つわりなどの症状も治まってくるので、体が楽になるのを感じる方も多いでしょう。ですが、普通の状態の体ではないということを忘れず、引き続き注意していかなければなりません。激しい運動をしたり、お腹に強い衝撃を受けるようなことは、もちろんダメです。また、妊娠中だから、安定期で食欲が出たからと、たくさん食べ過ぎてしまうのもダメです。体重管理はもう始まっていますので、バランス良く適度な栄養を摂取していけるよう、注意しましょう。それから、妊娠中を通して注意したいのは、冷えですね。安定期でも体が冷えると、ママの体にもお腹の赤ちゃんにも良くありません。温かい服装を心がけましょう。もちろん薬などの服用も、引き続き注意しなければなりません。また、長時間の立ち仕事は体に負担をかけてしまいますので、これも控えましょう。このように、妊娠中はたとえ安定期に入っても、注意すべき点がたくさんあります。ママの健康、安産、そしてお腹の赤ちゃんの健やかな成長のために、油断せずに妊娠中を通して、慎重になることが大切ですね。

↑PAGE TOP